カードローン審査基準.jp お金借りれる?

私もお金借りれる?年会費無料!おすすめカードローン比較一覧



1

1

1

1

現在の日本で、成人のおよそ5人に1人が利用したことがあると言われているカードローンとは、専用のカードを利用してそれほど大きくない金額の借入をすることで、銀行を始めとして信用金庫や信用組合、信販会社、消費者金融などが取り扱う、個人向けの融資のことを指します。

最近では通常のクレジットカードやキャッシュカードを利用して、キャッシュディスペンサーやATMなどから簡単に借入することができます。また、利用者の指定する口座に直接振り込んでもらうこともできるようになっており、インターネットなどを利用した、カードを用いないローンも目立ちます。

カードローンがここまで普及したのは、申込者の本人確認と信用だけで借りられる・担保を必要としない・使い道が限定されていないということが理由として挙げられます。
また、長引く不況の影響もあり、利用する予定はなくてもカードローンを一枚作る方も増えているのです。
クレジットカードと違い年会費が無料なため、いざという時のために予め作っておく人が増えているのです。

過去には高い金利がネックとなったこともありましたが、金融機関によっては低金利での貸付が可能になったことで、利用者が急増していきました。 簡単で手軽に利用できる反面、計画性のない借りすぎによる返済遅滞や多重債務などがこれまでも何度か問題となってきました。そこで、借入の申し込みには審査を行い、既に多額の借入をしている人や、返済能力に問題のある人などにこれ以上の融資をしないように、 金融機関同士で個人の信用情報を共有し、過剰な貸付を起こさないような仕組みになっています。
カードローンを取り扱う金融機関は、大まかに分けると銀行系、物流・信販会社系、消費者金融系の3業態に分けられ、 審査基準の厳しさやスピードに違いはあるものの、どの金融機関で申し込んでも審査が行われます。

審査では主に、現在の職場での就労実績や他社からの借入状況、 現在の年収の3点が大きなポイントとしてチェックされます。年収が著しく低い若しくは無収入、パートやアルバイトまたは学生であるなどの場合には審査で否決される可能性が高くなります。 また、総量規制の導入によって収入のない専業主婦の方の借入も難しくなりました。

銀行以外のカードローンは貸金業法の改正により、ご融資額は年収の3分の1までに制限されます。
但し、審査結果によっては、他社からのお借入金をご返済いただくためのローンをご提案してくれる場合があります。 これは顧客に一方的に有利となる借り換え、おまとめは総量規制の対象例外となるためです。


当ページでは、カードローンの審査基準に関する新着情報をお伝えしております!
「いざカードローンを申し込もう!」と考えた時に、”カードローンの審査が具体的にどのような基準でおこなわれているのか?” また、”自分はカードローン審査に通るのか?借り入れできるのか?”という点などをふまえて、とても気になるところが多いかと思います。
日々お役に立てるような有益なコンテンツページを追加・更新することで、カードローン審査基準の最新情報の発信をおこないます。
カードローンをお申し込みの際に、ぜひ参考にして頂ければ幸いです♪
 新着情報
おすすめカードローン、人気順に紹介 ⇒


カードローンをおすすめ順に紹介新着情報プライバシーポリシー、利用規約、運営企業|相互リンク募集│XMLサイトマップ
(C) カードローン審査基準.jp お金借りれる?